トップページ > 日本全国にお届け!長距離輸送ドライバーの魅力とは?

日本全国にお届け!
長距離輸送ドライバーの魅力とは?

ネット通販が格段にしやすくなった昨今。遠方の荷物や生鮮食品から支援物資まで、様々な荷物をいち早く届けるために活躍しているのが長距離輸送ドライバーです。
長距離輸送ドライバー職は気になっているけれど、長時間の肉体労働で辛いイメージを持っているが故、一歩踏み出せない方もいるのではないでしょうか。この記事では、長距離輸送ドライバーの仕事内容を通してその魅力などについて解説したいと思います。


長距離輸送ドライバーはどんな仕事?

長距離輸送ドライバーとは一般的に、往復走行距離が450km以上、または片道走行距離が300km以上の目的地に配送するトラックドライバーを指すことが多いと言われています。
配送する荷物は、食料品、日用品、家具、家畜、燃料などの危険物と多岐にわたるため、配送会社によって強みがわかれるポイントになるでしょう。

長距離輸送ドライバーの魅力とは?

長距離輸送ドライバーは、短・中距離トラックドライバーに比べて給与が高いことが魅力の1つでしょう。長時間の運転が必要なため夜間手当がついたり、走行距離によって手当の金額が変わったりする会社もあるようです。また、大型免許や牽引免許、危険物取扱者などの資格を保有することで、さらなる高収入が見込めます。
次に、全国様々な地域を訪れることが可能な点も魅力でしょう。配送先によっては、全く知らない土地にも訪れることができるかもしれません。長時間かけて遠くの地域に問題なく荷物を届けられた達成感を得られ、多くの人々の生活に関わっていると実感できるはずです。
さらに、スケジュールを考えながら業務にあたれば、各地の名産品や絶景を楽しむことができるのは、長距離輸送ドライバーの醍醐味とも言えるでしょう。
そのほかにも、日頃から運転が好きであれば自分の好きなことを職業にするチャンスですし、自分のペースで仕事をすることが向いていると感じている方には、勤務時間のほとんどが運転時間となる長距離輸送ドライバーはおすすめの職業です。 ただし、長時間の運転になるので集中力や体力が必要になります。体調管理や急な渋滞などの不測な事態が訪れた場合の対応など、注意すべきポイントもあるのは事実でしょう。時にはハードな勤務になる可能性があることは認識しておくのが良いかもしれません。


長距離輸送ドライバーは辛いだけではない!

長距離輸送ドライバーは名前の通り、長距離の配送を目的としているため、長時間の運転などで辛い職業と見られがちです。
しかし、2024年から運送業界全体がより気持ちよく働ける環境を整えようと動き出しています。
自分が希望する条件で働けるように正しい情報を集めて、検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ
健康経営優良法人認定
自動車運送事業者の「働きやすい職場認証制度」
令和5年度_事業継続力強化認定
24時間営業 夜間も受付中!0747-23-5085
お問い合わせ
採用情報